2011年04月28日

字の練習

子供に字の練習をさせるのは
みなさん、どうしていますか?

ウチは、渚が年少組だった頃
お友達からお手紙をもらったのをきっかけに
字の練習を始めました。

まずは、自分の名前から。

最初は、全然書けなくて
渚は、あの性格ですから

「書けん〜!!」

と反り繰り返って大騒ぎたらーっ(汗)
でも、根気よく練習をしていたら
自分の名前は書けるようになりました。

それで、この後
字の練習を強要したら
字を書くのが嫌いになってしまうかもしれないと思ったので
無理にさせませんでした。

時々、本人の気が向いた時に
家族の名前や、お友達の名前などを
ノートに書いて、練習させるくらいでした。

この本は良かったです。↓↓

【送料無料】ことばのあいうえお

五味太郎さんの本は、絵が温かくて可愛いので
私も子供たちも大好きでしたが
この本は、普段よく使う言葉が、短く書いてあるので
小さい子でも分かりやすいようです。

この本を読んであげるうちに
渚は、あっという間に「あいうえお」を覚えてしまいました。

この後、自分で字の練習をしていたり
時々、聞かれた字を教えてあげたりして
私は全く苦労せず、渚は「あいうえお」を書けるようになったのでした。

字を覚えた渚は
私に手紙を書いてくれたり
幼稚園のお友達と、手紙の交換をしたりして楽しんでいました!


この字の練習の件では
子供が興味をもてるようにしてあげれば
親が勉強させようとしなくても
子供は、どんどん自分で学んでいって
ぐんぐん吸収していくものなんだなぁって
痛感させられました。

これは、今後いろいろなことにも言えることだと思うので
子供の好奇心を伸ばしていけるような
自分もそんな親でありたいと思います。

posted by たこぴー at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

読者感想文を書きました!

今日、渚は、読書感想文を書きました。

渚が選んだ本は「ライオン・キング」でした。

読書感想文を書くのは初めてだったので
どんな風に書いたらいいかさっぱりわかりませんでした(;^_^A
(ま、子供の頃に書いてるはずだけど
遠すぎて記憶がない…)

どうしたもんかと思って
同級生の子を持つ同僚に相談してみると
◯◯の付録で
読書感想文の書き方というものがあったそうで
それを借りることができました(*^^*)

その冊子を参考に作文を書かせてみましたが
これがまた、なかなかうまく描けました(^∇^)

文章自体はあまり上手なものではないですが
3年生の読書感想文としては
まあまあじゃないかなぁという程度のものができました!

書き方を書いておきますので
参考にしてみてください!!

⑴ この本を選んだきっかけ、理由

⑵ 感動したこと
なぜ、感動したのか⁈
感じたこと、意見など

⑶ 主人公に伝えたいこと
自分がこれからしていきたいこと

⑴⑵⑶を上手い具合に繋げたら
感想文の出来上がりです(^_^)

夏休みもあと少し!

宿題もあと少し残ってるので
それを早めに終わらせて
悔いのないように過ごしてもらいたいと思います(^_−)−☆

posted by たこぴー at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

勉強できる環境作り

渚は4年生になりましたが
学校から帰ったら、宿題そっちのけで
テレビを見たり、遊んだりしてて
このままではいけないなと危機感をつのらせていました。

私は、基本的には
学校の授業が理解できて
宿題ができていれば
あとは、友達や兄弟としっかり遊ぶことが
子供にとって大切な勉強だと思っていますが

机の上で、しっかり勉強する習慣がないのも
今後困ると思うので(試験勉強とか受験とか)

まずは、勉強できる環境作りをしてみようと思いました。

続きは↓↓

続きを読む
posted by たこぴー at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

授業参観でした。

昨日子供たちの授業参観に行ってきました。

まずは潮。
いつもモジモジしてて、発表は一切しません(笑)
ノートを書いたりするのもなんだかそわそわ・・・。
これいつもだったら困るなぁと思いながら

次は渚の教室へ行ってみました。

まず目に飛び込んできたのは
割烹着をきて、もじゃもじゃのかつらをつけて、噂通りの裸足の先生
※男の先生です。
え??何?
と思ったら、今日は家庭科の授業で
朝ごはんについてのお勉強でした。
あーなるほどーお母さんになってるわけね(笑)
授業の最初に寸劇みたいなものがあったようです。

子供たちの机の配置もちょっと変わってるし
先生の机は一番後ろにあります・・・。

先生のトーク(芸人じゃないんだから・・・)が面白くて
親の私もどんどん引きこまれていきます。
あ、今日は子供を見に来たんだった!としばらく経って気づいた
時間が経つのもあっという間で
なるほど!これは毎日楽しいはずだ!

学級通信を読むと
先生は厳しい時と面白い時と
メリハリがはっきりとしているんだとか。

前回の記事で、宿題が多いことが心配でしたが(記事はコチラ

渚もちょっとやる気になっているようで
以前に比べたら
ゲームやテレビを、自分から区切りをつけられるようになって
宿題も頑張っています。
(他のクラスのママさんに聞くと、やはり宿題の量はちょっと多いようです)
担任の先生次第で、子供たちはこんなに変わるんだな〜って
ちょっと感心してしまいました!
これからが、とても楽しみです♪


posted by たこぴー at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

先生の言う「魔法の言葉」って何だろう〜??

6年生になって宿題が増えて
ますます、寝るのが遅くなっている渚・・・。

これは、低学年の頃からですが
帰宅してからの宿題のとりかかりが遅く
集中力もないため、なかなか進まず
寝るのが遅くなったり、寝てしまって朝やったりの生活が続いています。

やっぱり、性格(性質)は治らないようです・・・

先日、授業参観の後に、クラス懇談会がありまして
担任の熱血先生が(詳しくはコチラ
「少しでも心配なことがあったら、こんなこと相談してもいいのかしらなんて思わないで
 遠慮なく言ってください。
 お電話でもいいし、連絡帳でもいいし、お家に行ったりもできます。」

私は別に何も相談するつもりもなかったのですが
なんだか「ピーン」と私のアンテナが反応してしまいまして
気が付いたら、先生に声をかけていました。

渚の家での様子を色々と聞いた後、先生が

「それでは、明日から一週間、私が子供たちに魔法の言葉をかけます。
 どの言葉が渚さんに響くかは分かりませんので
 上手く行った日(宿題に早くとりかかる)は、次の日の連絡帳に
 『今日は良くできた』みたいな、何気ない言葉を書いてください。
 親と先生が何か企んでいるみたいな雰囲気は出さないように・・・

え??魔法の言葉って何?

A先生って本当に人を夢中にさせる天才だなと思いました。
子供たちが夢中になるはずです!
今まで担当してもらった先生には、いないタイプの先生です。

子供に何かの行動をさせる、言葉のレパートリーがあるんでしょうね〜

私は次の日から、渚の行動が気になって仕方なくなってしまいました(笑)
すぐに忘れてしまうので、ノートに書き留めています。
渚が、どう変わるのか、かなり楽しみです!!
ちなみに、昨日の渚はいつもどおりで
夜の9時から宿題を始め、眠たくなって10時半にベッドに入り
朝5時半に起きてやっていました。
でも、学校で、宿題の取りかかりの時間についての話があったようで
(詳しくは分かりませんが)
先生と私の策略は動き出しているようです(笑)
posted by たこぴー at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする