2008年03月02日

寿命が縮まった出来事。

今日はお天気が良かったので
近所の公園に散歩に行くことにしました晴れ

玄関を出ると
ちょうどアパートの1階の男の子も
家の外に出るところでした。

男の子は、渚と一緒に遊びたかったようなんですが
渚は、もう気持ちは公園に飛んでいました〜飛行機

で、私が男の子に
「ごめんね!」
と謝っている間に
渚は一人で三輪車に乗って向こうまで行ってしまってたんですがく〜(落胆した顔)
道路に出てましたexclamationexclamation

私は走りましたが
潮をオンブしていたので
思うように早く走れず
男の子のお母さんが、私より先に走って止めてくれましたあせあせ(飛び散る汗)

道路は、結構車通りが激しいところで
車が来ていたら、轢かれていたかもしれませんがく〜(落胆した顔)

もう生きた心地がしませんでしたがく〜(落胆した顔)
何も起こらなくて良かった・・・ふらふら

親として大いに反省しましたもうやだ〜(悲しい顔)

本人とももう一度、道路に出てはいけないことを
確認しました。

スポンサーリンク



posted by たこぴー at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 危ない! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。