2016年06月10日

先生の言う「魔法の言葉」って何だろう〜??

6年生になって宿題が増えて
ますます、寝るのが遅くなっている渚・・・。

これは、低学年の頃からですが
帰宅してからの宿題のとりかかりが遅く
集中力もないため、なかなか進まず
寝るのが遅くなったり、寝てしまって朝やったりの生活が続いています。

やっぱり、性格(性質)は治らないようです・・・

先日、授業参観の後に、クラス懇談会がありまして
担任の熱血先生が(詳しくはコチラ
「少しでも心配なことがあったら、こんなこと相談してもいいのかしらなんて思わないで
 遠慮なく言ってください。
 お電話でもいいし、連絡帳でもいいし、お家に行ったりもできます。」

私は別に何も相談するつもりもなかったのですが
なんだか「ピーン」と私のアンテナが反応してしまいまして
気が付いたら、先生に声をかけていました。

渚の家での様子を色々と聞いた後、先生が

「それでは、明日から一週間、私が子供たちに魔法の言葉をかけます。
 どの言葉が渚さんに響くかは分かりませんので
 上手く行った日(宿題に早くとりかかる)は、次の日の連絡帳に
 『今日は良くできた』みたいな、何気ない言葉を書いてください。
 親と先生が何か企んでいるみたいな雰囲気は出さないように・・・

え??魔法の言葉って何?

A先生って本当に人を夢中にさせる天才だなと思いました。
子供たちが夢中になるはずです!
今まで担当してもらった先生には、いないタイプの先生です。

子供に何かの行動をさせる、言葉のレパートリーがあるんでしょうね〜

私は次の日から、渚の行動が気になって仕方なくなってしまいました(笑)
すぐに忘れてしまうので、ノートに書き留めています。
渚が、どう変わるのか、かなり楽しみです!!
ちなみに、昨日の渚はいつもどおりで
夜の9時から宿題を始め、眠たくなって10時半にベッドに入り
朝5時半に起きてやっていました。
でも、学校で、宿題の取りかかりの時間についての話があったようで
(詳しくは分かりませんが)
先生と私の策略は動き出しているようです(笑)

スポンサーリンク



posted by たこぴー at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438840521

この記事へのトラックバック