2014年10月11日

歯磨きの必要性を歯科衛生士さんに説明してもらう。

前回、渚が歯磨きできないことを書きましたが(記事はこちら

そのことを、以前知り合った友人に相談してみました。
(その時の記事はこちら

すると、良いアドバイスをもらえました。

「歯医者さんに事前に電話して
『親が、歯磨きの必要性を教えてもなかなか分からず、歯磨きをしないので
 歯科衛生士さんの方から、歯磨きをしないとどうなるのか、どうして必要なのかを
 絵などを見せて指導してもらえませんか?」
 みたいな感じで頼んでみたらどう?」

なるほど〜!!

ということで早速電話してみました。

受付の若い女性は
「分かりました!伝えておきますね!」
と、二つ返事だったので
意外とそんな子供が多いのかな?!と思いました。

予約の日に歯医者に行ってみると
担当の歯科衛生士さんに話が通っていたようで
診察台についているテレビ画面(?)に歯の映像を出してくれて
「歯磨きをしないと、虫歯がこんなふうにひどくなっていって
 それがもっとひどくなると、歯の骨が溶けて、歯が抜けてしまうんよ。」
と説明してくれました。

その後、鏡を見ながらブラッシング指導もしてくれました。

渚は、歯科衛生士さんの話を真剣に聞き
ブラッシングも一生懸命していました。

家に帰ってきて
「歯科衛生士さんに色々教えてもらって良かったね!どうやった?」
と聞くと

「歯の骨が溶けるとか知らんかった!これからはちゃんと磨く!」
と言ってくれましたわーい(嬉しい顔)

いや〜嬉しかったです!

やはり、親からいつもガミガミ言われている状態より
第三者から言われる方が
理解しやすいってあるんでしょうねるんるん

その日の夜は、言われたとおり鏡を見ながら一生懸命歯磨きしていましたが
これがいつまで続くのか・・・(笑)

いや、ちゃんと続けてほしいですね!

スポンサーリンク



posted by たこぴー at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ADHDかも?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406939284

この記事へのトラックバック