2014年08月29日

毎日同じ口調で根気よく

夏休みももうすぐ終わりですね〜
もう宿題は終わりましたか??
ウチはなんとか終わりそうですあせあせ(飛び散る汗)

かわいいかわいいかわいい

最近、知り合った方がいるんですが

その方の子供さんが、小学生時代に不登校になったそうなんです。
詳しい病名などは聞いていませんが
いろいろ大変なこともあり

でも現在は、元気に高校に通っているそうです。

私が、渚の話をすると
御自分の子供さんのことを思い
すごくうなずけることがあると言っていました。

その方のアドバイスが、タイトルの
「毎日同じ口調で根気よく」
です。

渚が、何か悪いことをした時に
自分で「悪かったな・・・。」
と反省して、謝ることができる時は良いのですが

それが出来ずに
親が怒らなければならなくなった場合

大きい声で、怒鳴るように怒ってしまうと
反省するどころが
逆にわー!!!っとキレて
叫んだり、悪態ついたり、大声で泣いたり
家から出ていったりすることが多いんですね。

怒ることが逆効果になってしまうわけですよ。

で、先ほどの言葉ですね。
納得ですわーい(嬉しい顔)

言っても分かってもらえない場合は

毎日、同じ、ゆっくりした優しい口調で
根気よく言い続ける

すると、時間はかかるけど分かる日がくるというんですね。

これ、すごくよく分かります。

1年生の時から言い続けてきたことが
やっと最近、自分でできるようになってきたカンジがするからです。
(宿題とか荷物の片付けとか)

やはり、体験した方からのアドバイスは貴重だし
頭に入ってきやすいし、実践しやすいです。

その方が言うには
小学校5年生くらいが、分岐点で
少し変わった子で、周囲の友達に認識してもらえるか
変な子だからと、排除してしまわれるか
どちらかだろうと。

渚は今のところ、学習の方は問題なさそうだし
友達関係も、心配なところはなさそうです。
ただ、やはりこれから難しい年頃になってくるので
注意して見てあげてないとダメだなと
気持ちを引き締めました。

何か困ったことが出てきたら
早めに病院を受診したり
スクールカウンセラーに相談するようにしようと思いました。

現在の困っていること。

・恥ずかしげもなく、人前で着替えたり、お腹を出したりする。
・少しだけ胸が大きくなってきているので下着を着てほしいのに
 暑いからと拒否する。
・お風呂に入っても、気が向いた時しか体を洗わない。
・視力が0.1〜0.2しかないのに、普段眼鏡をかけようとしない。

・・・あ、書きだしたら結構あった(笑)
今日はこの辺でやめておきますたらーっ(汗)



スポンサーリンク



posted by たこぴー at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ADHDかも?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。