2014年03月30日

お前は小学3年生か?!

先週熱を出していた渚。

小児科で、インフルエンザの検査をしました。
結果は陰性だったのですが

熱が思うように下がらなかったため
2日後にもう一度小児科に行ったのです。

診察前に渚が

「ママ〜今日もお鼻グリグリ(インフルエンザの検査のこと)するんかね?」

と、不安そうに聞くので

「熱がそこまで高くないけ、しないんじゃないかね?
 でも、先生がしないといけないって言ったら、しないとダメだよ〜」

と説明すると

「いや、こうする!!」
と、先生の手を払いのける動作をしてみました。

それがちょっと面白かったので笑っていると
診察室に呼ばれました。

先生が
「あ・・・これは、検査しないといけんでしょうね・・・」
と言うと

渚が一言。

「いや!!」

先生は困惑しながら、検査用の綿棒を取り出しました。

渚は、体を看護師さんに、手を私に押さえられていたのですが
体をものすごくのけ反らせ
膝で先生の足をぐいぐい押しながら
すごい力で抵抗したもので
看護師さんがもう一人やってきて3人がかりで押さえつけ
やっと検査できました。

あまりの抵抗ぶりだったので
私は思わず笑ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

渚は、嫌なことを無理やりされたため
いじけて
しばらくの間、小児科の幼児用ソファーに
鉛筆のクッションを抱っこして横たわっていました(笑)

身長が140cmに近いので
かなり滑稽な風景でしたが
本当に嫌だったんでしょうね。
我慢の限界を超えてしまったのでしょう・・・。
ホント6才児くらいの子供みたいでした・・・たらーっ(汗)

ちょっぴり恥ずかしかったけど
落ち着くまで、放っておきました。

あんなに頑張って検査したのに
結果は陰性・・・。

まあ、インフルエンザでなかったので良かったのですが・・・。

とにかく、我慢するとか
待つとかが苦手な渚。
仕方ないことなんでしょうね〜。


スポンサーリンク



posted by たこぴー at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ADHDかも?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393162777

この記事へのトラックバック