2011年04月22日

登校時のハプニング

先日、朝いつものように
渚とお友達3人(1人増えた)を学校に送りだした後
仕事に出るまで少し時間があったので
お風呂掃除をしていたところ
聞き覚えのある声が・・・

玄関のドアと開けてみると
学校に行ったはずの
お友達2人がいるではありませんかexclamation×2

「渚ちゃんが名札忘れたんだって!」

その当の本人の姿はありません・・・

幼稚園の頃は、制服につけっぱなしで済んでいた名札ですが
小学校になったら
毎日、洋服に付け替えてやらなければならないのに
私も渚も、毎日忘れがちになっていたのでした。

しばらく部屋の中を探してみたけどありません。

そこへ、当の本人登場たらーっ(汗)
(もう一人の子は先に行ってしまったようです)

学校に遅れたらいけないので
名札はないけど、行ってもらうことにしました。

その後も探してやっと名札を発見exclamation
急いで後を追いかけると・・・次項有


3人組が、反対側の道へ、道路を横断しようとしていますどんっ(衝撃)
(ここは、交通量が多いので結構危ない)

学校は、そちら方向ではないのを知ってるはずなのに。

慌てて、声をかけて止めました。

訳を聞くと

反対側の道の向こうに
同じクラスの子がいたようで
遅刻したらいけないので
迎えに行こうとしたとのこと。

その子は、その子で
ちゃんと一緒に行く人がいるし
まだ学校には十分間に合うので
大丈夫と言い聞かせて
再び3人を送り出しました。


本当に、子供って
突然何を思って、行動し出すが分からないんだなって
改めて考えさせられました。

色んなケースを考えて
「こうゆう時は、どのようにする」など
ちゃんと教えておかないといけないなぁと
痛感した出来事でした。



スポンサーリンク



posted by たこぴー at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 危ない! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197091987

この記事へのトラックバック