2011年03月23日

川崎病日記その3

2月19日(土)

昨晩は、熱が39℃代まで上がったが
少しずつ下がってお昼には35℃代までになる。

抗生物質の点滴をあれだけやっても
何の効果もなかったのに

グロブリンは、たった1回の投与で
これだけの効果があるなんて凄いなと
一人で納得してしまった。

でも、昨晩熱が高かったということで
本日もグロブリンが投与されるとのこと。

12時15分からグロブリン開始。

3本終わって、利尿剤が投与されたのが
またもや夜・・・

点滴をしている期間が長いからか
とても機嫌が悪い。

夜中、鼻血と突然の尿意で大騒ぎして
こちらも、そのたびに飛び起きる・・・

2時か3時くらいに
点滴の刺入部が痛いと言って大泣きして
抜いてもらう。
(点滴が少し漏れていたようだ)

その後しばらくして
突然、ものすごい大声で泣き出す。

看護師さんもビックリして来てくれる。

背中をさすったり、抱っこしようとしたりするが
反り繰り返って大泣き・・・

やはり、小さい体で
入院、点滴と、嫌な事ばかり
慣れない環境でもあり
かなりのストレスが溜まっているのではないだろうか?!

しばらくして、眠ってしまった。


私もかなり疲れてきて
朝、看護師さんが食事を持ってきてくれたのも
気づかず
眠っていた。

川崎病日記その4に続く

スポンサーリンク



posted by たこぴー at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 川崎病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192035551

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。